ロンシャンリュックの使いにくいポイントを解決する5つの裏技で快適

記事内にプロモーションが含まれています。

開口部が大きく開かないため、急ぐときの出し入れが難しく、背負ったまま荷物の操作も難しいロンシャンリュック。

ファスナーの壊れやすさや雨に弱いという欠点もあります。また、自立しない性質やポケットの少なさも使い勝手を損ねます。

これらを解消するためには、リュックカバーや防水スプレーの活用、荷物の整理にポーチやバッグインバッグを活用することが重要です。

この記事ではロンシャンリュックの使いにくさを解消する方法について説明しています。

ロンシャンリュックの使いにくいポイント

ロンシャンリュックは、おしゃれなデザインで多くの女性に愛用されています。

しかし、実際に使ってみると「使いにくい」と感じる人も少なくありません。

そこで今回は、肩が痛くなりやすい以外に、ロンシャンリュックの使いにくいポイントを6つ紹介します。

急ぐときに荷物の出し入れが難しい

ロンシャンリュックは、開口部が大きく開かないため、荷物の出し入れが難しいという声があります。

特に、リュックを背負ったまま荷物を出し入れしようとすると、さらに不便を感じます。

使いにくいポイント
  • 開口部が大きく開かない
  • 背負ったまま荷物の出し入れが難しい
  • マチが広いため、荷物がごちゃごちゃになりやすい

以前、友人との旅行でロンシャンリュックを使っていました。

その時、駅で切符を取り出したり、急いでスマホをしまったりするときに、開口部の狭さが非常に不便に感じました。

もえ
もえ

特に、急いで何かを取り出したり、入れたりするときには手間がかかってイライラしやすいです。

また、背負ったまま荷物の出し入れをしようとすると、さらに不便を感じました。

リュックを背負ったままでの操作は、バランスを取るのが難しく、何度も手間取りました。

特に、電車の中や混雑した場所で荷物を出し入れする際には、周りに気を使いながら取り出すのが大変でした。

対策
  • 荷物を整理しやすいポーチを使う
  • リュックを下ろしてから荷物の出し入れをする
  • マチが狭いタイプのロンシャンリュックを選ぶ

ファスナーが壊れやすく開閉がストレスに

ロンシャンリュックは、ファスナーが壊れやすいという声も聞かれます。

特に、頻繁に開閉する箇所は、壊れやすいようです。

使いにくいポイント
  • ファスナーが壊れやすい
  • 開閉がスムーズではない
  • 重い荷物を入れると、ファスナーに負担がかかる

数年前、友人からロンシャンリュックをプレゼントされました。

最初はとても気に入って使っていたのですが、しばらく使っているうちにファスナーが壊れやすいという問題に直面。

半年しないうちに、頻繁に開閉する箇所はすぐに不具合が出てしまいました。

対策
  • ファスナーを丁寧に扱う
  • 荷物を詰め込みすぎない
  • ファスナーが壊れた場合は、修理に出す

ファスナーの壊れやすさに対処するために、丁寧に扱うことを心掛けました。

特に、開閉する際に力を入れ過ぎないように気をつけ、荷物を詰め込みすぎないようにしたのです。

それでもファスナーが折れてしまったので、諦めて他のカバン類等を保管しておく布袋代わりになっています。

雨に弱いので

ロンシャンリュックの多くは、ナイロン素材で撥水加工が施されていますが、完全防水ではありません。

そのため、大雨に濡れると、中の荷物が濡れてしまう可能性があります。

使いにくいポイント
  • 完全防水ではない
  • 大雨に濡れると、中の荷物が濡れてしまう
  • 撥水加工は経年劣化で効果が弱まる

ある日、仕事帰りに突然の雨に見舞われ、ロンシャンリュックの中身が濡れてしまったことがあります。

一部は撥水加工されているので、まぁ大丈夫だろうと油断していたんですよね。

荷物の中身が濡れてしまったことで、書類や電子機器などが水浸しになり、大きな被害が出てしまいました。

特に、重要な書類やモバイルバッテリーが水没してしまって、言葉も出なかったです・・・。

対策

対策
  • 雨の日にはリュックカバーを使う
  • 防水スプレーを定期的に吹きかける
  • 濡れた場合は、すぐに乾いた布で拭き取る

定期的に防水スプレーを吹きかけることで、撥水効果を維持させているので最近水没はしていません。

効果が切れてきたタイミングで濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭き取るようにしています♪

重たいものを入れると型崩れしやすい

ロンシャンリュックは、ナイロン素材で作られているものが多いため、型崩れしやすいという声があります。

特に、重い荷物を入れると、型崩れしやすくなります。

使いにくいポイント
  • 型崩れしやすい
  • 1kgくらいの荷物を詰め込むと、形が崩れる
  • 型くずれするとかなり見た目が悪いのが気になる

私も以前、ロンシャンリュックを愛用していましたが、その際に型崩れが気になることがありました。

1泊2日の旅行に必要な荷物を入れると、リュックの形が崩れてしまったのです。

クセがついてしまったのか、その後しばらく見た目が悪くなることがありました。

対策
  • 荷物を詰め込みすぎない
  • 型崩れ防止のポーチを使う
  • 使用後は、形を整えて保管する

目安は1kgを超えない程度。水筒と弁当、A4クリアファイルにプリント数枚程度なら気になりません。

あとは、角張ったものなどを入れる際は角に力がかかって型くずれしやすくなります。

型崩れ防止のポーチを使うことで、形が整うだけじゃなく荷物の整理と荷崩れを防止できました♪

5. 自立しない ロンシャンリュックは、自立しないため、床に置くと倒れてしまいます。

荷物が多い場合は、特に倒れやすくなります。

使いにくいポイント
  • 自立しない
  • 床に置くと倒れてしまう
  • 荷物の重心の位置が高いとき、さらに倒れやすい

実際、ホール等に集まって、室内に床置きする際、何度やっても倒れてしまったんですよね。

旅行でホテルの衣類ラックに置く際も自立してくれないので、荷物の取り出しのたびにイライラした思い出があります。

対策
  • リュックハンガーを使う
  • 壁に立てかける

結局壁に持たれかけさせるのが1番安心な方法。

ハンガーは耐荷重によっては破損してしまうので、外出の多い私にはあまり役立ちませんでした。

ポケットが少なく内側のポケットも使いにくい

ロンシャンリュックは、外側のポケットが少ないという声があります。

スマートフォンや財布などの小物をすぐに取り出したい人には、不便に感じるかもしれません。

使いにくいポイント
  • 外側のポケットが少ない
  • 小物をすぐに取り出せない
  • 内側のポケットも使いにくい

私も、スマートフォンや財布を探すのに手間取ったことがあります。

財布やちょっとした小物(リップやハンドクリームなど)もサッと取り出せないんですよね。

対策
  • ポーチなどを使って、小物を整理する
  • 外側にポケットがついたリュックを選ぶ

結局小物の出し入れにストレスを感じた友人は、外側にポケットが多いリュックを選んでいました。

ロンシャンリュックがダサいを脱却するコーデのコツ

長年愛され続けているロンシャンリュック。その使い勝手の良さや軽さから、愛用者も多い定番アイテムです。

しかし、「おしゃれに見えない」「ダサい」と感じているのではないでしょうか?

そこで今回は、ロンシャンリュックをもっとおしゃれに使いこなすための3つのコツを紹介します。

コーデ全体のバランスを意識する

ロンシャンリュックはカジュアルな印象が強いため、他のアイテムとのバランスが重要です。

例えば、ロングスカートやワンピースと合わせれば、女性らしい印象に。

ジャケットやパンプスと合わせれば、きちんと感のあるスタイルに仕上がります。

実際のコーデ

リュックで、色はシンプルな黒を選びました。
旅行先では、その日の服装に合わせてリュックの持ち方やバランスを調整しました。

例えば、観光する日はデニムパンツに合わせ、カジュアルな雰囲気に。
夜にはレストランには、同じリュックをワンピースのスタイルに合わせました。

リュックの色や柄も全体のバランスに影響します。

派手な色や柄は避け、ベーシックな色や柄を選ぶと、どんなコーデにも合わせやすくなりますよ。

素材やサイズにこだわる

ロンシャンリュックにはナイロンやレザーなど様々な素材、大きめ・小さめとサイズも選べるのでコーデの幅が広がります。

ナイロンは軽くてカジュアルな印象、レザーは高級感があり大人っぽい印象を与えます。

デニムやTシャツと合わせることで、カジュアルな印象になり過ぎず、ちょうど良いバランスを保てました。

ネイビーなどデニムに近い色を選ぶのも一つですよ。

また、リュックのサイズも重要です。

  • 小柄さん:小さめのリュック
  • 大柄さん:大きめのリュック

160cmの私は荷物も多いだろうと、大きめの方をプレゼントされましたが、そこまで違和感はないかな?と感じています。

リュックの形状にも注目してみましょう。

丸みを帯びた形のリュックは柔らかい印象を与え、四角い形のリュックはきちんと感のある印象を与えます。

小物で個性をプラスする

シンプルなロンシャンリュックに、スカーフやチャームなどの小物を取り入れることで、個性を出すことができます。

スカーフをリュックの持ち手に巻いたり、チャームをリュックに付けたりすることで、ワンポイントになりおしゃれ度がアップ。

ネックレスやピアスなどのアクセサリーを合わせると、リュックコーデを華やかにすることができますよ。

また、帽子や靴などの小物も、リュックとの相性に気を配りましょう。

全体のバランスを意識することで、よりおしゃれなスタイルに仕上がります。

ロンシャンリュックの口コミからわかる問題解決の方法

ロンシャンリュックは、その軽さと機能性、そしておしゃれなデザインで、多くの女性から支持されています。

しかし、実際に購入して使ってみると、いくつかの問題点に気付くことも。

そこで今回は、ロンシャンリュックの口コミからわかる問題点と解決方法について紹介します。

ファスナーの開閉をスムーズにする工夫をすると良い

ロンシャンリュックは、開口部が大きく開くので荷物の出し入れがしやすいというメリットがあります。

しかし、その一方で、ファスナーが長いため開閉に時間がかかったり、片手で開けにくいという声も聞かれます。

解決方法

  • ファスナーの滑りを良くする
  • ファスナーチャームを取り付ける
  • マグネット式の留め具を使う

ファスナーの滑りを良くするには、ロウソクやクレヨンを塗ったり、専用の潤滑剤を使う方法があります。

ファスナーチャームを取り付ければ、持ちやすく開閉しやすくなります。

また、マグネット式の留め具を使えば、片手で簡単に開閉することができます。

肩紐が食い込みやすいので負担を減らす工夫で改善

ロンシャンリュックは、ナイロン素材のリュックが多いため、肩紐が食い込みやすく、長時間背負っていると痛くなることがあります。

解決方法

  • 肩紐パッドを使う
  • リュックカバーを使う
  • ショルダーベルトを調節する

肩紐パッドを使えば、肩にかかる負担を軽減することができます。

ベルトカバーを使えば、摩擦を減らして食い込みを防ぐことができます。

また、ショルダーベルトを調節して、体にフィットさせることも大切です。

雨に弱いので防水スプレーの併用や素材を選ぶ

ナイロン素材のロンシャンリュックは、雨に濡れるとシミになりやすいという声があります。

解決方法

  • 防水スプレーを使う
  • 雨の日用のリュックを使う
  • ナイロン素材以外のリュックを選ぶ

防水スプレーを使えば、雨水を弾いてシミを防ぐことができます。

雨の日用のリュックを使えば、濡れても安心です。また、ナイロン素材以外のリュックを選ぶのも一つの方法です。

荷物が整理しにくいので仕切りを増やすと改善可能

ロンシャンリュックは、内ポケットが少ないため、荷物が整理しにくいという声があります。

解決方法

  • ポーチを使う
  • 仕切り板を使う
  • バッグインバッグを使う

ポーチを使えば、小物をまとめて収納することができます。化粧品以外にも、充電器等々細かいものはポーチに入れています。

仕切り板を使えば、リュック内の空間を区切ることができます。

また、バッグインバッグを使えば、荷物を整理整頓しやすくなります。実際私もバッグインバッグを使い、水筒なども安定しました♪

偽物が多く出回っている

ロンシャンリュックは、人気商品のため、偽物が多く出回っています。

解決方法

  • 正規販売店で購入する
  • ロンシャンの公式サイトで真贋判定をする

偽物は、本物と比べて作りが粗かったり、素材が劣っていたりすることがあります。

正規販売店で購入すれば、偽物を購入するリスクを減らすことができます。

まとめ

  • ロンシャンリュックの開口部が大きく開かないため、急いで荷物を出し入れするのが難しい
  • 荷物を整理しやすいポーチを活用したり、リュックを下ろしてから荷物を取り出すことで解消できる
  • 同じく開口部の問題から、マチが狭いタイプのリュックを選ぶのも一つの対処法
  • ロンシャンリュックのファスナーは壊れやすく、開閉がスムーズでないことがあるので丁寧に扱いとともに、荷物を詰め込みすぎない
  • ファスナーが壊れた場合は、すぐに修理に出すことが望ましい
  • ロンシャンリュックは雨に弱く、雨の日にはリュックカバーを使用したり、定期的に防水スプレーをかけることが有効
  • 雨に濡れた場合は、速やかに乾いた布で拭き取る

ロンシャンリュックの開口部の使いにくさを解消する方法を知れば、気に入ったロンシャンリュックでおしゃれを楽しめます。

ぜひ素敵なファッションを楽しんでくださいね。

通勤・